リスクを飼い慣らせ!信用取引の正しい活用方法

「信用取引=危険」という認識は、もう古い!?

身近な人で信用取引で失敗した人の話などを聞くと、「信用取引って危ないんだ」という先入観が植え付けられてしまいます。実際、過去には多くの人が信用取引で身を崩していますが、取引手法や情報が多様化しつつも入手しやすい状況にある昨今では、信用取引を一概に危険だと談じるのは、もはや古いと言っても過言ではありません。信用取引は適切な運用を行うように心がけ、さらに信用取引自体で株取引のリスクヘッジを行うようにすれば、これほど有意義な取引方法は無いと言えます。

信用取引を行う上での注意点

一方で、依然として信用取引で大きな損失を抱えてしまう人も多くいます。そのような人々は、概して現物取引では通用することがある裁量トレードを信用取引でも行っているからです。信用取引において、勘で利益を出せる人はよほどの強運の持ち主です。一般的に信用取引で利益を出すためには、利益率が損失率よりも勝る取引ルールを構築・入手し、何があってもそれを頑強に貫く厳格な姿勢が必要です。特に難しいのが後者で、優柔不断な人は信用取引には向かないと思った方が良いでしょう。

信用取引を利用したリスクヘッジ

一般的に信用取引のみで多額の利益を出しているという投資家は、必ずしも多くはありません。信用取引は利益を出すための道具ではなく、利益を守るための手段として用いられる場合が大半だと言えます。例えば、現物買いなどで株を購入した際に株価の推移に相関関係がある銘柄を信用売りし、購入した株の損失を減衰するために用いられたり、大きな利益がこれからも見込める銘柄の利益を一時的に確定するために用いられます。こうした補足的運用でも、信用取引は投資家に大きな利益をもたらしてくれるのです。

信用取引はハイリスクハイリターンの取引です。上手くいくと、大きな利益を得ることができます。始めるなら、それを理解してからスタートすると良いでしょう。